ナイトアイボーテ失敗しない方法はこれだった

眠っている間に自然な二重をクセ付けられるSNSや雑誌でも話題の「ナイトアイボーテ」ですが、口コミを見ていると「二重にならなかった。」と書き込みされている人がいました。

 

ここでは、ナイトアイボーテのやり方を分かりやすく説明していきます。

 

理想の二重の幅を決めること

 

付属のプッシャーで予め二重の幅を決めておきます。

 

プッシャーとは?

ナイトアイボーテに付属されている二重を作る時に使うものです。

 

ナイトアイボーテ

 

Y字になっているので、二重がとても作りやすいようにできていますよ。

 

鏡を見ながら調整していきますが、ひとつ注意点があります。

 

一重からいきなり二重にするのではなく、段階を踏んでいくと幅を広げやすいので、徐々に広げていくようにします。

 

でも、早く綺麗なパッチリ二重になりたいですよね。

 

だからこそ、焦らずに無理のない二重幅から初めていくことが大切です。

 

ナイトアイボーテの使い方

 

ナイトアイボーテの使い方について説明していきますね。

 

こちらはYoutubeで人気の関根理沙さんが、説明書通りに実践したナイトアイボーテ初体験の動画です。(13分35秒)
↓↓↓

画像だけだと分からない人には、とても分かりやすい初体験の動画になっています!

 

 

色々ポイントがあるので、押さえておくといいですよ。

 

ナイトアイボーテ使用前
ナイトアイボーテ やり方

 

@洗顔した後に、水分をしっかり拭き取ります。
ナイトアイボーテ やり方

 

A二重ラインをつけたい場所に、プッシャーを押し込みます。
アゴを引いて二重ラインが理想の位置になっている事を確認します。
ナイトアイボーテ やり方

 

Bプッシャーを横に動かして(目頭、目尻両方とも)、跡が付くまでしばらくキープしてください。
まぶたの真ん中の1.5〜2.0cmは避けるようにスライドさせて、目尻側の1点で支えられるようにします。そして、このポイントを覚えておきましょう。
ナイトアイボーテ やり方

 

Cプッシャーを抜いて、跡を付けた二重のラインにナイトアイボーテを塗る。この時厚く塗り過ぎないように注意してください。
塗り幅は縦3〜5mm、横1.5〜2.0mmで1点で支えたBの位置には塗らないようにします。
ナイトアイボーテ やり方

 

DBで支えた1点を目安に二重になることを確認します。
この時、十分に乾かしてくださいね。
ナイトアイボーテ やり方

 

E乾いたらプッシャーをゆっくりと外してください。この時、くるっと捩じりながら取ると綺麗に取れますよ。
ナイトアイボーテ やり方

 

注意点
  • 強いまばたきはしないこと
  • 目線を下げるような動作はしないこと
  • 強くまぶたをこすらないこと

 

二重の幅を少し広めに確保すること

 

二重の幅を気持ち広めに取っておいた方が仕上がりがキレイです。
しかも、若干まぶたの重みも入るので、思っていたよりも二重の幅は小さくなります。

 

ナイトアイボーテ やり方

 

ナイトアイボーテはまぶたに既にある線を消し、新しい二重の線を作ります。
古い線も徐々に消えていくようになります。

 

 

毎回同じ場所にクセ付けをすること

 

ナイトアイボーテでクセを付ける場所は、毎回同じ場所になるようにします。

 

顔が浮腫んでしまったり、目が腫れているとまぶたの厚みも変わるので、同じような場所にクセを付けるのはコツが必要になります。
始めはアイライナー等で線を引いた上でクセを付けていきましょう。

 

そして、ナイトアイボーテでクセ付けする前と後の写真を撮っておきましょう。
(片目ずつアップにすると分かりやすいですよ。)

 

昼間もできるだけ、ナイトアイボーテすること

 

ナイトアイボーテは「眠っている間に二重のクセ付けをする」商品ですが、昼間も使えます。
いや、むしろ昼間も使ってください。

 

今まで昼間はアイプチを使っていた方は是非ナイトアイボーテに替えてみましょう。
ビニールのテカリも見えませんし、何より美容成分がたっぷり入っているので、肌に優しいですよ。

 

薄く塗って効果を上げること

 

始めはあまり厚く塗らずに薄く塗るように心がけてくださいね。

 

高い接着力があるので、厚く塗らない方がキレイに仕上がります。

 

ナイトアイボーテをしっかり落とすこと

 

口コミでも皆さんが気にしていたのがナイトアイボーテの落とし方です。

 

高い接着力があるので、落とす時にゴシゴシしてしまうとまぶたを傷めてしまいます。
瞼はとてもデリケートですから、優しく扱ってくださいね。

 

私はアイメーク用のクレンジングやメイク落としを使っていました。

 

他にも

  • ワセリン+ホットタオルで綺麗に取れた!
  • クレンジングシートで取れた!

 

と皆さん、色んなやり方を試していますので、ご自分に合った方法を使ってみてくださいね。